夏場には気候に適したドレスシャツを

クールビズの浸透は、日本のビジネスシーンを一変させました。炎天下の中、見た目にも暑苦しいジャケットを着て外回りする光景は、不条理の極みといえます。これを廃することにより仕事効率の向上だけでなく、健康面の改善や光熱費の節約も図られ、まさしく英断でした。ただ、新たな問題が惹起したことも見逃すわけにはいきません。

それは、夏場のドレスシャツという点です。これまでのワイシャツは、あくまでネクタイ着用を前提としてきました。そのため、開いた襟が丸出しとなるクールビズの装いは、ときとして不格好になりがちです。とくに首が細長かったり、逆に太かったりすると、その特徴が際立ってしまいます。

これでは営業時の第一印象も歪んだものになってしまいかねませんので、対処が必要です。きちんと夏場に適したドレスシャツがありますので、他の時期と使いまわしたりせず、買い求めていきましょう。社内は冷房が効いていることが多いものの、外に出れば高温多湿の環境が待ち受けています。汗も止めどなく噴き出し、シャツを透けさせ、見た目も大きく損ねますので、季節に応じた素材にも拘るべきです。

ドレスシャツの中には速乾性の製品もあり、不快感を素早く解消してくれます。同時に適度なフィット感も大切ですので、自分のサイズを事前に細かく計測しておけば、購入時にも便利です。シーズンごとにドレスシャツにも気を配って、仕事のできる自分をしっかり演出していきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*